キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者はいつ必要なの? : 監理技術者マニュアル

監理技術者はいつ必要なの?

監理技術者が必要なのは外注総額によります。

監理技術者マニュアル

監理技術者はいつ必要なの?

監理技術者って、いつ必要になるのかしら。

何かの建設工事があるときは、監理技術者は絶対必要なのかな。

まだいまいち分からない。

監理技術者は、建設業法の規定によって、特定建設業者が外注総額3000万円以上となる工事を発注者から元請として直接請け負う場合、現場に配置しなければならない技術者のことをいいます。

なるほど、ということは、外注総額が3000万未満の場合は、監理技術者を配置する必要がないって考えていいみたいね。

3000万未満の元請、下請工事などには主任技術者の配置でいいらしい。

3000万円の金額区分建築一式工事の場合は4500万円です。

3000万円とか、4500万円とか値段が高くて、あんまり想像できないけど、監理技術者は大きな工事になれば、絶対必要になってくるのね。

なんだか監理技術者、結構お偉いさんなのね。

あなたの判断が必要とされています、責任感のある職種だわ。